不動産一括査定で家・土地を満足価格で売りたい人へ

サイトマップ

不動産業者の査定金額より高く売る方法

不動産一括査定サイトで比較なら、一刻も早く、高く家や土地を売りたい願いが適います。


不動産一括査定のメリットは、複数の不動産業者の中から、一番高い査定金額を出したところと、売却なり買取の相談すればイイという、時間と労力を軽減出来る点です。家や土地を売りたい、買取してもらいたい場合、個人の力で営業は無理ですから、不動産業者に頼ることが一番の近道です。



どうせなら高く売却したいと思うのは人情というものですよね。たた、不動産一括査定サイトに、無料とは言え単に申込みをしただけでは、希望を上回る売却・買取金額で売れるわけではありません。売却でも買取でも、売りたい金額をはっきりと明確にして査定を申し込みましょう。







家や土地を高く「買取」か「売却」か



家や土地を売りたい理由は様々でしょうが、まず「売却」と「買取」の違いを、しっかり認識しておきましょう。



「買取」は不動産業者が買主となリ、売主は所有者であるお客さんです。つまりは不動産業者に家や土地を買取してもらうという、そのままの意味です。


「売却」は不動産業者が売り出し価格を決めて、買いたい人に売ります。不動産業者は売買取引の仲介役になります。売却とは、正確に言えば不動産業者の仲介による売り出し、ということになります。



売却の流れ・・・一括査定 ⇒ 査定金額が判明 ⇒ 媒介契約 ⇒ 売却完了




【売却(仲介による売り出し)のメリット】
・所有者の希望する売却金額で売り出しができる
・知識があれば、高く売却できる可能性もある

【売却(仲介による売り出し)のデメリット】
・売れるまで少し時間がかかる
・売るための補修、掃除、片付け、土地の場合は建物の解体などが必要になることもある
・近隣に売却物件であることがバレてしまう
・瑕疵担保責任からは逃れられない



【買取のメリット】
・不動産業者が家や土地を積極的に売ってくれないという不安要素が無い
・提示された価格に納得すれば、話のまとまりが早い
・基本的に法律上、不動産業者と個人との取引では立場の弱い個人の売主が保護される
・買取の後に見つかった瑕疵は売主の責任追及はできない(ただし契約内容による)

※瑕疵・・・かし:簡単に言えば不動産における不良部分のこと

【買取のデメリット】
・買取してくれる業者が少ない事
・買取価格は、不動産業者がリスクを負うことから、相対的に価格は抑えられる傾向にあること



比較してみると、売却の方はハードルが高い感じがしますが、不動産一括査定に申込をして査定金額を出してくる不動産業者は媒介契約による「売却」を前提にしていると思っていいです。出来れば、回答に対しての確認として査定金額は「売却」なのか「買取」なのかを聞いてみるといいですよ。




買取に向く家と売却に向く家の違い



実は、「売却」に向く不動産物件と「買取」に向く不動産物件があります。所有している売りたい家が、どちらの方法で満足な結果を得られるのか、ある程度、頭に入れておくことも必要です。




【売却向きの家】
・築年数が浅い(10年以内が目安)
・人気エリアにある
・即入居してもいいというぐらいキレイな状態
・ハウスクリーニングや補修すれば見違える家



【買取向きの家】
・築年数が古い
・メンテナンスがされていない(外壁、ウッドデッキ、屋根など)
・少し人気がイマイチなエリアにある
・ちょっと奥まっている立地


これらは絶対的な条件ではありませんが、まずは「売却」を前提にして不動産一括査定を利用し、1年程度して売れなかったら買取業者をあたってみる手もあります。が、売却であっても、前もって「いつまでに売りたい」という意思表示はしておきましょう。




空き家を売りたい場合



家を相続したものの既に生活拠点は別にあって、誰も住まなくなっている空き家があるならば、やはり早急に売却か買取を検討すべきです。空き家を持っていても、



・資産価値は残っている
・人気のエリアにある
・リノベーションやリフォームをして賃貸してもよい
・空き家になって1年ぐらいだ
・家の手入れはしてある
・入居者が決まっている



など、管理状態や行き届いていたり、譲渡や賃貸、解体して土地だけを売却・買取という具体的なプランがあるのならば、それを不動産一括査定にかけて不動産業者を選び、プランの相談を持ち掛けて進めていけばいいです。逆に先ほどの条件とはほど遠い空き家ならば、売却よりも買取の方が希望が見えてきます。



空き家に関しては、売主側としては売れる家にするために、リフォーム、ハウスクリーニング、雑草の刈り込み、外壁の補修や塗り替え等、きれいにするための費用の負担が欠かせません。場合によっては耐震補強、瑕疵担保保険も必要になるでしょう。




人気のシステムキッチンリフォームはコチラ
システムキッチンの販売施工



リフォームの費用に関する相場などはコチラ
リフォームコスト削減
リフォーム一括見積もり



大掛かりなリフォームで解体費用が気になるならコチラ
解体無料見積ガイド




これだけ手入れをしても売れる保証はないのですが、無人の空き家を持っていれば、管理が行き届かなくなると他人や動物に荒らされたり、近隣住民とのトラブルの元になります。持っておくだけで税金も支払わなくてはなりません。「危険な空き家」というレッテルだけは貼られたくないものです。




一方、買主側としては、使用感のある家は、どうしても第一印象は良くないものです。幸運にも駅近など立地が良いとしても、やはり無人の空き家となっていたことには理由がありますから、どうしても二の足を踏みますよね。大金をかけて手直しをしようとしても、リフォームやリノベーションの最中に、予期せぬ追加工事もゼロではありません。更に地域的に、よそ者を受け入れないという風習も残っていますからね、田舎の方は特に。




空き家も不動産一括査定で価値を見出す


どのみち空き家は、売りたい側も買いたい側も個人間取引だとリスクがあり過ぎます。だから放置されやすいんです。不動産業者が仲介をしても、まず売れないです。そこで買取可能な不動産業者を不動産一括査定サイトから見つけるわけです。個人売主にしても個人買主にしてもリノベーションやリフォームは先行投資で、もはやギャンブルに近いものがあります。買取する不動産業者が、その改造リスクを丸ごと背負って、空き家に価値を生み出すことで売買が成立してくれることが、売主・買主にとっても実は一番ベストなんです。



売主はお金を必要以上に掛けずに済みますし、買主は再生された、きれいな家を買うことが出来ます。不動産業者も手を加えた物件が売れると嬉しいですから、3者が喜ぶという構図が成り立ちます。







家を売りたい、土地を売りたいと思ったら「どうせ売れないだろう」という感情は捨てて、不動産一括査定を利用してみるとよいです。売れるか売れないかは、最初から決まっている事ではありません。信用できる不動産業者しか登録されていない不動産一括査定サイトを利用して、査定金額の高いことだけに着目するのではなく、いろいろと相談を重ねながら思いに対して実現してくれる不動産業者を見つけ出すことからスタートです。

「不動産の売却・買取・査定を元宅建士が指南」について

不動産を(戸建て、マンション問わず)売却・買取したいなら不動産一括査定が便利。宅建士が紐解く家や土地を希望価格で売却・買取してもらう方法。家を売りたい、土地を売りたい人は慌てず無料査定で相場を掴みましょう。